2014年02月17日

近畿圏の新築マンションが不調?


不動産経済研究所が発表した1月の首都圏新築マンション供給戸数は1,826戸で、前年同月比6.1%増、9か月連続の増加でした。

契約率は同9.4ポイントアップの78.6%で、12か月連続の70%超となっています。

一方で、近畿圏の1月は同21.4%減の718戸で2か月連続の減少、さらに契約率は同9.7ポイントダウンの65.2%にとどまっています。

近畿圏では昨年11月まで21か月連続で契約率が70%を上回っていたものの、12月、1月と続けて70%割れとなりました。

もともと1月は発売戸数が少ないのですが、契約率に急ブレーキが掛かっている様子なのは気になりますね。

4月からの住宅ローン控除拡充や「すまい給付金」によって、駆け込み需要をある程度まで抑え込むことはできたのでしょうが、売買価格や住宅ローンの借入額が相対的に低い地域では、住宅ローン控除の拡充による効果も限定的。

2か月間の動きだけでは何ともいえませんが、早くも反動が出てきているとすれば、しばらくは厳しい状況が続くことでしょう。

近畿圏がそうなら、他の地方はもっと厳しい状況になることも考えられるわけで、これからの動向に注意していきたいところです。




posted by 平野雅之 at 23:06| Comment(0) | マンション

2014年02月12日

大手業者の欠陥マンション


「ザ・パークハウス グラン 南青山高樹町」

三菱地所レジデンスによる「都心のフラッグシップマンションシリーズ」の第一弾として記者発表されたのはちょうど1年前くらいのことですが、工事の欠陥によって販売中止になるとは誰も予想していなかったでしょう。

先月末から今月あたまくらいにだいぶ話題になりましたが、その後はあまり大きく取り上げられることもなく、事態は収束に向かっているようです。

問題発覚の経緯やその後の対応でいささか問題もあったようですが、契約者には手付金を返還したうえで、手付金の2倍相当の違約金を払ったようですから、契約者へのダメージも最小限に抑えることができたのでしょう。

最高価格3億5千万円、最多価格帯1億4千万円台という億ションで、売主が三菱地所レジデンス、施工が鹿島、問題となった配管設備は関電工と、大手が揃った物件でこのような施工不良があったことは驚きですが、大手だからちゃんと後始末できたともいえそうです。

もしこれがいずれも中小だったら、施工不良を隠すために躍起になっていたかもしれません。

工事現場の人手不足が深刻となっていますが、他の現場で同様なミス、あるいは違う形での施工不良が起きていないことを願いたいものです。



posted by 平野雅之 at 22:41| Comment(0) | マンション

2014年01月13日

マンション購入セミナーのお知らせ


今年1回目のセミナーのお知らせです。

今度の日曜日、1月19日にマンション購入セミナーを開催いたします。

・1月19日(日)14:00〜(1時間程度)
・住友不動産マンションギャラリー 横濱館

「今が買い時!? 最新マンション市況と失敗しないマンションの選び方」と題して、4月からの住宅税制や住宅ローン金利動向、気になるマンション価格の動向、より良いマンションの選び方などについてお話させていただきます。

とくに神奈川県にお住いの人は、4月からの「すまい給付金」に関して、全国で神奈川県だけに適用される規定の説明もいたします。

無料のセミナーですからお気軽に、ぜひお越しください。

詳細、地図、来場予約などはこちらから
http://www.sumitomo-rd-mansion.jp/su-my_club/event/event_detail.cgi?EVENT_NO=148



タグ:セミナー
posted by 平野雅之 at 22:43| Comment(0) | マンション