2014年12月10日

マンション名と多角数字


マンションやアパートの名称に「◯◯壱番館」「◯◯弐番館」「◯◯参番館」などの表記が使われていることが多いでしょう。

先日、たまたま通りかかったマンションでは「拾壱番館」というものもありました。

11bankan.jpg


横浜市内のマンション名に「横濱」の文字が使われることがあるのと同様に、古い漢字を使うことが何となく格好良く感じられるのかもしれません。

ほとんどユーザー側の視点ではなく、供給側の勝手な論理ですけどね。

しかし、古い表記を不動産会社が好きだという以外に、マンション名を決める立場の社員からみれば、古い表記に慣れ親しんでいるという側面もありそうです。

それはどういうことかというと……という話をYahoo!不動産の記事にまとめましたので、ぜひご覧ください。

Yahoo!不動産おうちマガジン
「不動産会社は壱、弐、参……が好き?」http://magazine.realestate.yahoo.co.jp/corp_reexbrain/20141210-00000001


posted by 平野雅之 at 22:34| Comment(0) | マンション

2014年10月14日

マンションの避難階段は非常時に使えないことがある?


マンションで火災が起こったとき、あるいは大地震の揺れでエレベーターが止まったとき、避難階段はたいへん重要な役割を果たします。

しかし、普段はあまり使われないために邪魔な荷物が置かれていたり、防火扉の作動が不十分で階段を使えなかったりするケースもあるようです。

kaidan.jpg


さらに避難者が殺到してパニックが起きる懸念や、住民同士のルールが徹底していないと病人や高齢者の避難に支障を来す恐れもあるでしょう。

そして忘れがちなのが階段の強度です。

とくに古いマンションの屋外階段では、地震に対する強度が十分でないケースもあり、阪神大震災のときなどでも屋外階段が建物から外れて倒壊したり、階段が崩れ落ちたりした事例が報告されています。

大地震の揺れが収まって外階段で避難をしようとしたら、階段ごと転落してしまったなんて事故は絶対に避けなければなりませんね。

マンションにおける避難階段の位置づけや注意点などについて、オールアバウトの記事にまとめましたのでぜひご覧ください。


(不動産売買ワンポイントアドバイスシリーズ)
「マンションの避難階段」
http://allabout.co.jp/gm/gc/447899/


posted by 平野雅之 at 22:42| Comment(0) | マンション

2014年07月28日

マンションは終の棲家?


以前はマンションに住んでも、いずれは一戸建てへという「ステップアップ」が一般的でした。

実際のところ3〜5年、長くても10年程度で買換えをするケースも多かったでしょう。

しかし、バブルの崩壊とともに土地神話も霧散し、住宅を買ってしばらく住めば、買ったときよりも高く売れるという時代は終わりました。

逆に住宅の値下がりが当たり前のようになり、売ってもローンの残債を下回るため、買換えができないケースが続出したのです。

そのような時代を経て、人々のマンションに対する考え方もずいぶんと変わってきたのでしょう。

国土交通省の「マンション総合調査」によれば、マンションに「永住するつもりである」という回答は1980年度に21.7%だったものが、2013年度には52.4%まで上昇しています。

それに対して「いずれは住み替えるつもりである」という回答は、1980年度の57.0%から2013年度の17.6%へと3分の1以下に低下しました。

それに呼応するかのように、マンション居住者の高齢化もだんだん深刻になってきているようです。


国土交通省による「マンション総合調査」から、永住意識や高齢化、耐震改修などに関する事項をピックアップしてHOME'S PRESSの記事にまとめましたのでぜひご覧ください。

HOME'S PRESS
「マンションへの永住意識の高まりと居住者の高齢化〜マンション総合調査にみる現状」
http://www.homes.co.jp/cont/press/buy/buy_00194/

なお、7/14に公開された「マンションのトラブルは依然として多い〜マンション総合調査にみる現状」が後編で、今回の分が前編です。

最後の行の「次回は〜」は無視していただければと……



posted by 平野雅之 at 22:52| Comment(0) | マンション