2014年02月26日

地価上昇傾向が加速?


国土交通省から昨日、1月1日時点の地価LOOKレポートが公表されました。

3か月ごとに実施されている地価の「定点観測」のようなものですが、住宅地では全国44地区のうち84.1%の37地区が上昇し、上昇地区の割合ではリーマンショック前の水準に並びました。

東日本大震災の影響でじりじりと下落が続いていた浦安も横ばいになり、住宅系地区での下落は千葉港の1地区を残すのみとなっています。

4月の消費増税による住宅市場への影響も懸念されていますが、増税よりも地価上昇による影響のほうがずっと大きいでしょうね。

地価の上昇傾向が定着してきたことで、住宅価格への影響もそろそろ目立ってくることだろうと思います。


今回の「地価LOOKレポート」の様子について、オールアバウトの記事にまとめましたので、ぜひご覧ください。

「地価LOOKレポートでみる住宅地地価動向 23」
http://allabout.co.jp/gm/gc/440022/




posted by 平野雅之 at 23:05| Comment(0) | 地価

2013年12月02日

地価上昇傾向が定着?


先週、国土交通省から地価LOOKレポートが発表されました。

前回よりも上昇地区がさらに増え、全体の7割超、住宅地に限れば約8割の地区が上昇となっています。

9月8日に2020年五輪の東京開催が決まり、その後に実施された初めての公的な地価調査のため注目されましたが、いまのところ目立った影響は出ていないようですね。

その一方で、東京都心の高輪では前回の上昇から横ばいにペースダウンするなど、6年前の地価上昇期に比べて全体的にかなり穏やかな動きになっています。

とはいえ、地価上昇のトレンドが続き、それが定着してきた感もあります。

現時点で仕入れられた土地が事業化される来年、再来年の住宅価格には確実に影響が出てくるでしょう。


地価LOOKレポートによる動向についてオールアバウトの記事にまとめましたので、ぜひご覧ください。

「地価LOOKレポートでみる住宅地地価動向 22」
http://allabout.co.jp/gm/gc/435261/



posted by 平野雅之 at 22:34| Comment(0) | 地価

2013年09月25日

今年の基準地価のまとめ


予定より少し遅れてしまいましたが、19日に発表された基準地価のまとめ記事をオールアバウトにアップしましたので、ぜひご覧いただければと思います。

「2013年基準地価は3大都市圏で5年ぶり上昇」
http://allabout.co.jp/gm/gc/429304/


記事の中ではあまり深く触れませんでしたが、基準地価の地点が広域に広がっているのに対して、1月1日時点で評価される公示地価は、都市計画区域が対象となっています。

その公示地価と基準地価とで、共通する評価地点における1/1から7/1までの値動きでは、3大都市圏だけでなく全国平均も上昇となっています。

下落が続く地方圏でも1%未満の小幅な下落にとどまっていますから、来年3月に発表される公示地価では20数年ぶりに「すべての地域で上昇」という結果が出ることも十分に考えられるでしょう。

都市部であまり地価が上がるも困りますが、地方圏の地価は何とか下げ止まって欲しいものです。



タグ:基準地価
posted by 平野雅之 at 22:27| Comment(0) | 地価