2015年04月27日

住宅瑕疵担保履行法の現状は?


住宅瑕疵担保履行法が2009年10月に施行されてから5年半ほどが経ちました。

その間に新築住宅を購入または注文住宅を建築した人はご存知だと思いますが、事業者は必ず供託または保険による「資力確保措置」を講じています。

これは万一の倒産などの場合でも、事業者の瑕疵担保責任が果たされる(またはその費用が補償される)ことを目的としたものです。

もちろん、住宅の欠陥など(瑕疵)によって事業者の責任が生じるような事態にならなければ、倒産しようがどうしようが被害を受けることは少ないのですが……。

住宅瑕疵担保履行法による資力確保措置の状況について、国土交通省が一定期間ごとに集計をしたうえで公表をしているのですが、それを見るとなかなか興味深い事実も浮かび上がってくるようです。

その内容や今後の課題などについてHOME'S PRESSの記事にまとめましたので、ぜひご覧ください。

HOME'S PRESS
「住宅瑕疵担保履行法の施行から5年あまりが経過。現在の状況はどうなっているのか」
http://www.homes.co.jp/cont/press/buy/buy_00337/


posted by 平野雅之 at 22:50| Comment(0) | 法律・制度

2015年04月16日

今年も住宅の買い時?


住宅取得は経済への影響も大きいということで、今年もさまざまな優遇策が用意されています。

住宅ローンの低金利と相まって、やはり今年も「買い時」とする論調も多いのですが……。

しかし、十分に認知度が高いものばかりではなく、中にはあまり知られていないものもあるようですね。

主なものでは「住宅ローン控除」「すまい給付金」「省エネ住宅ポイント」「フラット35S」「住宅取得資金贈与の特例」が挙げられますが、それぞれの中身までよく知っているという人はどれくらいいるでしょうか。

そこでこれら5つの制度について、その概要をYahoo!不動産の記事にまとめてみました。

それぞれの制度が使えるかどうかは物件その他の条件次第ですが、せっかく使えるものがあるのに失念していたなどということがないようにしたいものです。

2015年中に住宅の購入や建築などを計画している人はぜひご覧ください。

Yahoo!不動産おうちマガジン
「2015年に家を買うなら知っておきたい5つの制度」http://magazine.realestate.yahoo.co.jp/corp_reexbrain/20150415-00000001


posted by 平野雅之 at 22:29| Comment(0) | 法律・制度

2015年02月09日

高齢になり介護が必要になったら……


高齢化と住宅選び、実は密接な関係があります。

これから迎える超高齢化社会に向けて、さまざまな施策が進められているものの、高齢者施設などの整備はとても追いつきそうにありません。

そのため、高齢となって介護が必要になっても、多くの人は在宅のままでケアを受けることが求められるのです。

住宅を購入するのであれば、自分が高齢者となったときの生活を考えてバリアフリー対応が可能かどうかを考えておくことも必要でしょう。

エントランス回りなどがバリアフリーに向かないタイプのマンションでは、高齢になってから買換えを余儀なくされる場合もあります。

また、賃貸暮らしを続けるのであれば、「死ぬまで賃貸」を視野に入れて老後の生活資金などを考えなければなりません。

その一方で介護保険制度などはますます厳しい状況になるため、今年以降にさまざまな負担増が計画されています。

いったいどんな変更があるのか、介護制度のあらましや課題などについてHOME'S PRESSの記事にまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

HOME'S PRESS
「介護料の負担増が避けられない中で、老後の住まい対策はどう変わるのか?」
http://www.homes.co.jp/cont/press/rent/rent_00156/


posted by 平野雅之 at 22:28| Comment(0) | 法律・制度