2015年04月08日

東京の不燃化対策


スイスの再保険会社スイス・リーによる「自然災害リスクの高い都市ランキング(2013年)」では、「東京・横浜」が世界の616都市中で1位、つまり最も危険だとされています。

地震、津波、大雨、洪水、河川の氾濫、内水氾濫、がけ崩れ、土石流、土砂災害、火山の噴火などさまざまな自然災害があるわけですが、東京において懸念されているのは首都直下地震とそれに伴う大規模な火災でしょう。

東京だけではありませんが、大都市には老朽化した木造住宅が密集する、いわゆる木密地域が広範囲に広がっています。

そこでいざ火災が起きれば、あっという間に燃え広がるだけでなく、家屋の倒壊で避難ができなくなったり、消火活動が困難になったりすることも想定されているのです。

当然ながらそれぞれの自治体や国がさまざまな対策を講じていますが、とくに東京では「木密地域不燃化10年プロジェクト」を策定して不燃化対策を推進しています。

しかし、木密ならではの良さもあり、コミュニティの維持と不燃化をどう両立させていくのか、なかなか難しい面もあるでしょうね。

東京都が推し進める対策について、区が独自に進める対策も交えながらHOME'S PRESSの記事にまとめましたので、ぜひご覧ください。

HOME'S PRESS
「首都直下地震に備え、東京の不燃化対策はどのように進められているのか」
http://www.homes.co.jp/cont/press/reform/reform_00194/


posted by 平野雅之 at 23:21| Comment(0) | 地震・自然災害

2015年03月26日

海抜と標高の違いを知っていますか?


東日本大震災以後、沿岸部の自治体では「ここの地盤は海抜◯メートルです」という表示を掲げることが多くなりました。

普段、何気なく歩いている街路に「ここは0.5m」なんて表示があると、一瞬ドキッとしますが……。

これは地震後の津波や高潮などに対する警戒や注意喚起とともに、いざ避難する際に地盤の高さの目安とするためのものです。

ところで、この海抜と、山の高さなどで使われることの多い標高がどのように違うのかご存知でしょうか。

実際のところはどちらもほとんど同じ意味で使われていますが、もともとは違うものです。

それぞれの違いや現状などについてYahoo!不動産の記事にまとめましたので、ぜひご覧ください。

Yahoo!不動産おうちマガジン
「海抜と標高の違いとは?」http://magazine.realestate.yahoo.co.jp/corp_reexbrain/20150325-00000001


タグ:標高 海抜
posted by 平野雅之 at 22:55| Comment(0) | 地震・自然災害

2015年03月11日

自然災害のリスクを知ることが大切


東日本大震災から4年が経ち、テレビでもいくつかの特番的な放送がされていたので、あの日への思いを改めて強くした人も多かったのではないでしょうか。

3月11日のことはこれからも忘れたりしないでしょうが、さらなる大地震にいつ襲われるのかしれないのが日本の現状です。

また、大きな被害をもたらす自然災害は地震だけではありません。

洪水や土砂崩れなどによる被害も毎年のように発生しています。

これらのリスクを国交省が試算したところ、危険地域に住む人が9,400万人あまりにのぼるのだとか。

結局のところ、人が集まる都市部には何らかの自然災害リスクがあるということなのですが……。

そのリスクを完全に避けることなどできませんから、地域ごとのリスクを知ってしっかりと対策を考えなけれればなりませんね。

国交省が試算したリスクの内容と注意点などについてYahoo!不動産の記事にまとめましたので、ぜひご覧ください。

Yahoo!不動産おうちマガジン
「国内の災害危険地域に住む人は9,400万人」http://magazine.realestate.yahoo.co.jp/corp_reexbrain/20150311-00000001


posted by 平野雅之 at 22:43| Comment(0) | 地震・自然災害