2015年10月05日

人口減少に対応した住宅政策の必要性


すでに一部の地域では人口減少が深刻な問題となっていますが、これからはそれが全国に広がっていきます。

人口減少とそれに続く世帯数の減少は、住宅のあり方にも大きな影響を与えるでしょう。

空き家の有効活用、中古住宅流通の活性化が叫ばれていますが、それを使う人そのものが減れば、使われることのない住宅がどんどんと増えていくのです。

これはかつて経験したことのない事態であり、これまでの住宅政策などにおける前提がすべて変わるとともに、都市政策も大転換しなければなりません。

今年の土地白書の内容を概観するシリーズ記事の2回目として、主に人口減少社会における問題をHOME'S PRESSにまとめましたのでぜひご覧ください。

HOME'S PRESS
「人口減少を見据えた対策が急がれる〜土地白書で見る日本の土地A」
http://www.homes.co.jp/cont/press/buy/buy_00409/


posted by 平野雅之 at 23:03| Comment(0) | 土地・家選び
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: