2015年08月24日

業界の暗部?ステカン問題


街の電柱などに付けられた不動産広告を見たことのある人も多いでしょう。

紐や針金などでくくりつけられたものを捨て看板(ステカン)、糊などで貼り付けられたものを電ビラなどとも言いますが、これらはほとんど違反広告物です。

東京都では毎年秋に「捨て看板等の共同除却キャンペーン」を実施していますが、除却されるものの8割以上を不動産業が占めており、ずいぶん前から大きな問題とされています。

風俗や金融が着実に減っているのに、不動産業だけはなかなか減らないのです。

違反と分かっていてなぜやるかといえば、それを見て問い合わせをする人が多いからにほかなりません。

もちろん、問い合わせをする人が悪いなどというつもりはまったくなく、悪いのはあくまでもステカンなどを出す不動産業者なのですが、問題の根は深そうですね。

ステカンなどの問題に触れると、もっと書いてくれという業者と、それに反発する業者がいて、なかなかやりづらい面もあるのですが、思い切ってオールアバウトの記事にまとめてみましたので、ぜひご覧ください。

(不動産売買ワンポイントアドバイスシリーズ)
「捨て看板などの不動産広告には要注意!」
http://allabout.co.jp/gm/gc/457948/


posted by 平野雅之 at 23:53| Comment(0) | 土地・家選び
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: