2015年06月25日

昼間人口の多い市、少ない市


前回は通勤時間の問題を取り上げましたが、通勤や通学によって昼間人口は大きく変わります。

それぞれの地域で暮らす常住人口(夜間人口)が多い割に、昼間は閑散としているというところもあるでしょう。

そこで、平成22年に実施された国勢調査のデータをもとに、昼間人口と夜間人口の比率をピックアップしてみたところ、1位はたいていの人が想像するとおり千代田区で、約1,739%でした。

つまり平日の昼間の人口は17倍超に増えるのです。

そのぶん、昼間の人口が減るところもあるわけですが、町村を除く市区で最も減るのは東京近郊の某市で、3割近くも少なくなるようです。

このような人の移動が将来的な住宅需要にどう影響するのか、街の特性を考えることも必要でしょうね。

全国の市区の中で昼間人口の多いところ、少ないところのそれぞれ20位までを表にして、Yahoo!不動産の記事にまとめましたので、ぜひご覧ください。


Yahoo!不動産おうちマガジン
「昼間に最も大きく人口が減るのはどこの市?」
http://magazine.realestate.yahoo.co.jp/corp_reexbrain/20150624-00000001


posted by 平野雅之 at 23:08| Comment(0) | 土地・家選び
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: