2015年03月24日

公示地価は思ったほど上がらず?


先週発表された今年1月1日時点の公示地価ですが、3大都市圏では2年連続の上昇だったものの、東京圏と名古屋圏の住宅地は前年よりも小幅な上昇にとどまりました。

全体的にみても、地価の下げ止まりや上昇への転換が比較的早かったところほど、上昇率の鈍化が目立っているようです。

株価の上昇よりも早く回復傾向を見せていた地価ですが、上昇の勢いがあまり続かないところをみると、やはりまだ本格的な景気回復が遠いのかもしれません。

消費増税の影響が表れているためで、来年の公示地価はまた上げ幅が大きくなりそうだという見方もあるようですけどね。

住宅価格のことを考えればあまり地価は上がって欲しくないでしょうが、それ以上に収入が上がるような景気環境になることを期待したいものです。

今年の公示地価の傾向をオールアバウトの記事にまとめましたので、ぜひご覧ください。

「2015年公示地価は3大都市圏の上昇が鈍化」
http://allabout.co.jp/gm/gc/453244/


タグ:公示地価
posted by 平野雅之 at 23:14| Comment(0) | 地価
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: