2015年01月28日

日本における無電柱化の現状


都市の中心部の幹線道路では、地上から電柱をなくし、電線などを地中化する例も次第に増えてきました。

しかし、全体からみればほんのわずかな割合に過ぎず、とくに住宅地では無粋な電線が家の前を横切っているようなところがほとんどです。

欧米の都市に比べて、日本は無電柱化がかなり遅れているというのは以前からずっと言われ続けていることですが、近年はアジアの主要都市と比べてもだいぶ遅れが目立っているようですね。

新しく開発された分譲地で地中化されることもありますが、これからはその開発自体が減る傾向で、既存住宅地で地中化される例は限られたものになるでしょう。

さまざまな弊害が指摘されながらもなかなか減らない空中の電線や電柱ですが、その状況などについてYahoo!不動産の記事にまとめましたので、ぜひご覧ください。

Yahoo!不動産おうちマガジン
「電柱のない住宅地は増えるのか?」http://magazine.realestate.yahoo.co.jp/corp_reexbrain/20150128-00000001


posted by 平野雅之 at 23:14| Comment(0) | 土地・家選び
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: