2015年01月26日

借地権の物件は分かりづらい?


マンションや一戸建て住宅の物件情報を見ていると、ときどき土地の権利が「借地権」と書かれたものを目にすることでしょう。

土地が自分のものになる「所有権」に対して、地主から土地を借りることになる「借地権」ですが、単に土地を借りるということだけではなく、いろいろと難しい問題もありそうです。

借地権の中には、さらに地上権と賃借権の2つがあり、契約形態の上でも普通借地権、定期借地権、さらに旧法借地権などがあります。

不動産に携わっている人ならともかく、一般の人がこれらの違いを明確に理解することは難しい、というか、そのような勉強をする機会もあまりないでしょうから、なおさら借地権をとっつきにくいものにしているかもしれませんね。

所有権の土地に比べれば価格がだいぶ安く、「土地の利用価値」に着目すればもっと普及しても良いはずの借地権ですが、市場全体から見れば依然として少ないままのようです。

「土地流動化の切り札」として導入された定期借地権制度も、なかなか普及が進まないようで……。

そんな借地権についての基本的な考え方や現状の問題点などについてHOME'S PRESSの記事にまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

HOME'S PRESS
「住宅では借地権が普及しない背景〜土地の利用価値よりも所有にこだわる人が多い?」
http://www.homes.co.jp/cont/press/buy/buy_00287/


posted by 平野雅之 at 22:22| Comment(0) | 土地・家選び
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: