2014年08月18日

雨水調整池の役割は?


ある程度の規模以上の開発分譲地などでは、その一画に雨水調整池が造られていることがあります。

これに面した住宅では日照や通風が良いメリットもありますが、何か注意点などはないのでしょうか。

choseichi.jpg


多くの調整池は自治体が管理しており、とくに問題が生じることはないでしょうが、小規模なものだと分譲会社などがそのまま所有している場合もあります。

また、傾斜地や高台の途中などに建てられたマンションでは、その地下が雨水調整池となっている場合もあります。

このようなときは、管理の方法、定期点検や清掃の実施状況などをしっかりと確認しておくことが欠かせません。

さらに、その本来の目的を十分に意識して、いざというときに対処することも重要です。

調整池に関する注意点などについて、オールアバウトの記事にまとめましたのでぜひご覧ください。


(不動産売買ワンポイントアドバイスシリーズ)
「調整池のある分譲地」
http://allabout.co.jp/gm/gc/446023/


つい最近も京都などで大雨による浸水や冠水被害がありました。

住宅地だけではありませんが、治水対策はなかなか難しい問題のようですね。



posted by 平野雅之 at 22:49| Comment(0) | 土地・家選び
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: