2015年08月30日

不動産取引上のイザというときのための保険


不動産の売買契約などの前に、宅地建物取引士により重要事項説明が行われることを知っている人は多いでしょう。

もちろん、あらかじめ物件調査などを実施して、間違いのない内容を買主などへ説明します。

しかし、それが常に正しいとは限りません。

客を騙そうとしてワザと違う説明をすれば宅建業法違反だけでなく、詐欺などの犯罪にもなりかねませんが、そのような意図がなくても間違えることはあるのです。

調査資料の転記ミス、書き間違い、思わぬ勘違いなどもありますが、ときには調査に応じた役所の担当者が誤った回答をすることもあるでしょう。

重要事項説明の間違いで買主などが損害を受ければ、当然ながら賠償金や何らかの補償を受けようとするでしょうが、宅建士個人やその不動産会社に賠償能力(資金)があるとは限りません。

そのような場合に備えた保険があり、「宅地建物取引士賠償責任保険」といわれます。

宅地建物取引士のすべてが加入しているわけではありませんが、これがあればイザというときも賠償を得られやすいでしょう。

それ以前に変なトラブルに巻き込まれなければ済む問題ですが、宅建士賠責の概要や注意点などをオールアバウトの記事にまとめましたので、ぜひご覧ください。

(不動産売買ワンポイントアドバイスシリーズ)
「宅地建物取引士賠償責任保険とは?」
http://allabout.co.jp/gm/gc/458054/


posted by 平野雅之 at 22:45| Comment(0) | 法律・制度