2015年07月04日

特定空き家にしないための視点


「空き家対策特別措置法」が施行され、「特定空き家」に認定されると自治体から指導や勧告、撤去命令などを受けたり、代執行による解体がされたりするようになりました。

さらに、固定資産税の軽減措置なども解除されることになります。

そのため、空き家を持っている人が焦っている、という話も聞きますが、空き家がすべてその対象となるわけではありません。

あくまでも、適切な管理がされないままで放置され、老朽化、朽廃化が進んで周辺に迷惑をかけているような空き家、あるいは衛生上の問題が生じているような敷地が問題とされるのです。

そのため、空き家があるなら、それをしっかりと管理していくことが大切でしょう。

まったく手入れされずに放置した家屋は、あっという間に朽廃が進んでしまいます。

それと同時に、これからは空き家を増やさないことについて、一人ひとりがよく考えていくことも必要でしょうね。

とくに放置されやすいのは親から相続した古い家だと思いますが、これを空き家にしないこと、また空き家にせざるを得ないときはどうするかを、あらかじめ検討しておきたいものです。

そのために求められる考え方、視点などをオールアバウトの記事にまとめましたので、ぜひご覧ください。

親の家を「特定空き家」にしない5つのポイント
http://allabout.co.jp/gm/gc/456276/


posted by 平野雅之 at 23:30| Comment(0) | 法律・制度