2015年07月29日

今年はゲリラ雷雨が増える予測


久々の投稿になってしまいましたが……。

8月はゲリラ雷雨の増える時期ですが、ウェザーニューズの予測によれば今年は昨年の1.4倍、とくに関東甲信は約3倍の発生回数が見込まれるのだそうです。

気象庁の分類では、1時間に80ミリ以上の雨を「猛烈な雨」とし、「息苦しくなるような圧迫感があり恐怖を感じる」とされていますが、近年は100ミリを超えることも少なくありません。

そこで、気象庁のデータで過去の記録を調べたところ、最大は1時間に153ミリという結果が……。

「恐怖を感じる」というレベルのおよそ2倍ですから、いったいどんな雨なのでしょうか。

当然のことながらそのような雨が降れば、土砂災害や住宅被害も無縁ではありません。

気象庁によるランキングや、ウェザーニューズの予想データなどをYahoo!不動産の記事にまとめましたので、ぜひご覧ください。

Yahoo!不動産おうちマガジン
「今年の夏はゲリラ雷雨、局地的豪雨が頻発する!?」
http://magazine.realestate.yahoo.co.jp/corp_reexbrain/20150729-00000001


posted by 平野雅之 at 22:41| Comment(0) | 地震・自然災害

2015年07月09日

人口減少問題は地方圏だけの話ではない


7月1日に総務省から今年1月1日時点の人口が発表されました。

これは住民基本台帳に基づく集計ですが、国内の日本人人口は約1億2,616万人で、前年よりも約27万人少なくなっているようです。

多い方から順に東京都、沖縄県、埼玉県、神奈川県、愛知県、千葉県の6都県が増加で、他の41道府県は減少となっていますが、東京の増加率が0.57%と聞いても、あまり増えているような印象がしないのではないでしょうか。

そこで、率ではなく増減数で都道府県別のグラフを作ってみたところ、「東京一極集中」が問題視される訳が実感できるような結果に。

さらに、市区町村別に調べてみると東京、神奈川、埼玉、千葉の首都圏でも、既に人口減少が始まっているところは意外と多いようです。

その結果ををYahoo!不動産の記事にまとめましたので、ぜひご覧ください。

Yahoo!不動産おうちマガジン
「大都市圏でも人口減少は始まっている!」
http://magazine.realestate.yahoo.co.jp/corp_reexbrain/20150708-00000001


posted by 平野雅之 at 23:22| Comment(0) | 市場動向

2015年07月04日

特定空き家にしないための視点


「空き家対策特別措置法」が施行され、「特定空き家」に認定されると自治体から指導や勧告、撤去命令などを受けたり、代執行による解体がされたりするようになりました。

さらに、固定資産税の軽減措置なども解除されることになります。

そのため、空き家を持っている人が焦っている、という話も聞きますが、空き家がすべてその対象となるわけではありません。

あくまでも、適切な管理がされないままで放置され、老朽化、朽廃化が進んで周辺に迷惑をかけているような空き家、あるいは衛生上の問題が生じているような敷地が問題とされるのです。

そのため、空き家があるなら、それをしっかりと管理していくことが大切でしょう。

まったく手入れされずに放置した家屋は、あっという間に朽廃が進んでしまいます。

それと同時に、これからは空き家を増やさないことについて、一人ひとりがよく考えていくことも必要でしょうね。

とくに放置されやすいのは親から相続した古い家だと思いますが、これを空き家にしないこと、また空き家にせざるを得ないときはどうするかを、あらかじめ検討しておきたいものです。

そのために求められる考え方、視点などをオールアバウトの記事にまとめましたので、ぜひご覧ください。

親の家を「特定空き家」にしない5つのポイント
http://allabout.co.jp/gm/gc/456276/


posted by 平野雅之 at 23:30| Comment(0) | 法律・制度