2015年06月08日

リバースモーゲージの現状


リバースモーゲージをご存知でしょうか。

簡単に言えば、持ち家を担保に老後の生活資金などを借りて、亡くなったときにその家を売って返済するシステムです。

制度自体は以前からあったのですが、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行が取り扱いを開始したことで、このところ注目も集まっているようです。

しかし、その対象地域は主に首都圏に限られ、メガバンクでは三井住友銀行だけが愛知、大阪、京都、兵庫も対象にしています。

一部の地銀による取り扱いもありますが、全体から見ればごく一部の金融機関でしかありません。

潜在的な需要は多いと考えられるリバースモーゲージですが、全国的な広がりをみせないのはなぜでしょうか。

調べていくといくつかの問題点も浮かび上がってきました。

リバースモーゲージの現状やこれからの課題について、HOME'S PRESSの記事にまとめましたのでぜひご覧ください。

HOME'S PRESS
3メガバンクが出揃った「リバースモーゲージ」はこれから普及するのか
http://www.homes.co.jp/cont/press/buy/buy_00362/


posted by 平野雅之 at 22:49| Comment(0) | 法律・制度