2015年03月11日

自然災害のリスクを知ることが大切


東日本大震災から4年が経ち、テレビでもいくつかの特番的な放送がされていたので、あの日への思いを改めて強くした人も多かったのではないでしょうか。

3月11日のことはこれからも忘れたりしないでしょうが、さらなる大地震にいつ襲われるのかしれないのが日本の現状です。

また、大きな被害をもたらす自然災害は地震だけではありません。

洪水や土砂崩れなどによる被害も毎年のように発生しています。

これらのリスクを国交省が試算したところ、危険地域に住む人が9,400万人あまりにのぼるのだとか。

結局のところ、人が集まる都市部には何らかの自然災害リスクがあるということなのですが……。

そのリスクを完全に避けることなどできませんから、地域ごとのリスクを知ってしっかりと対策を考えなけれればなりませんね。

国交省が試算したリスクの内容と注意点などについてYahoo!不動産の記事にまとめましたので、ぜひご覧ください。

Yahoo!不動産おうちマガジン
「国内の災害危険地域に住む人は9,400万人」http://magazine.realestate.yahoo.co.jp/corp_reexbrain/20150311-00000001


posted by 平野雅之 at 22:43| Comment(0) | 地震・自然災害