2015年03月03日

地価の上昇傾向が定着?


国土交通省が3か月ごとに発表している「地価LOOKレポート」ですが、2月27日に発表された最新版では前回に引き続き下落地区がゼロでした。

もっとも、調査対象となっているのが全国の主要都市の「高度利用地区」150地区ですから、大都市圏の郊外や地方圏では引き続き下落しているところも多いのですが……。

大都市圏や地方の中心都市における地価の上昇傾向が定着してきたことで、住宅価格への影響もさらに強まってくるでしょうね。

過去の地価上昇期に表れたような「急騰」は今のところないので、あまり実感することがないかもしれませんが、しばらくの間はジワジワと価格が上がっていく感じでしょう。

全体の傾向を例によってオールアバウトの記事にまとめましたので、ぜひご覧ください。

「地価LOOKレポートでみる住宅地地価動向 27」
http://allabout.co.jp/gm/gc/452326/


posted by 平野雅之 at 22:38| Comment(0) | 土地・家選び

2015年03月01日

傾斜地を含んでいる敷地


住宅の敷地は平坦な場合だけでなく、高低差があるもの、擁壁があるもの、さらには敷地の中に傾斜地部分を含んでいるものなどもあります。

傾斜地を含んだ敷地の不動産広告では、「傾斜地があるよ」といった内容が書かれているはずだと思うかもしれませんが、必ずしもそうではありません。

keisyachi.jpg


また、敷地の中に傾斜地があればその地盤強度も気になるでしょうが、それ以外にも気を付けるべき点がいくつかあります。

土地の単価は安めのことが多いうえ、日照や眺望が良かったり個性的な家を造ることができたりして、それなりに人気もある「傾斜地を含んだ敷地」ですが、それを検討する際にはさまざまな観点から検討をすることが欠かせません。

傾斜地を含んだ敷地における広告の規定や注意点などをオールアバウトの記事にまとめましたので、ぜひご覧ください。

(不動産売買ワンポイントアドバイスシリーズ)
「傾斜地を含む敷地の注意点」
http://allabout.co.jp/gm/gc/452405/


posted by 平野雅之 at 22:52| Comment(0) | 土地・家選び