2015年02月13日

住宅の省エネ基準が改正される


住宅の省エネ基準が改正され、今年4月1日に完全施行されます。

と言っても、あまりピンとこない人が多いかもしれませんね。

「次世代省エネルギー基準」と称される現在の省エネ基準は1999年(平成11年)に施行されたものですが、強制力がないために多くの住宅では守られていません。

評価方法などを見直した新しい省エネ基準も、当分の間は努力義務にとどまります。

しかし、日本の家の断熱性能などは諸外国に比べてかなり低レベルとされており、少しでも規定された省エネ基準に近付けることが求められるでしょう。

そして、理解しておきたいことは今春に改正される省エネ基準が、2020年をめどに「義務化される」ということです。

つまり、義務化以降に建てられる住宅はすべて省エネ基準に適合したものとなり、年を追うごとに適合住宅の割合が増えていくはずです。

そうするとどうなるか……。

現在、1981年以前の住宅が「旧耐震基準建物」として、まるで悪者のように扱われているのと同様に、新しい省エネ基準に沿っていない住宅は「旧省エネ基準建物」として中古市場でも競争力を失うことになりかねません。

2020年になったらすぐにそのような事態が訪れるというわけではありませんが、2030年、2040年といった頃にはだいぶ問題視されることもあるでしょうね。

いったいどのように改正されたのか、また義務化に向けた課題は何かなど、省エネ基準のポイントについてHOME'S PRESSの記事にまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

HOME'S PRESS
「省エネ基準の義務化でどう変わる? これからの住宅に求められるもの」
http://www.homes.co.jp/cont/press/buy/buy_00297/


タグ:省エネ基準
posted by 平野雅之 at 22:48| Comment(0) | 土地・家選び