2015年02月04日

長期優良マンションは少ない?


長期優良住宅の制度が始まってから5年半ほどが経ちましたが、いったいどれくらい普及しているのでしょうか。

国土交通省が3か月ごとに(2013年3月分までは毎月)集計を発表していますが、昨年12月末までの累計は「一戸建て住宅」が552,166戸、「共同住宅等」が15,625戸となっています。

国交省の集計の分類はこの2つしかなく、「共同住宅等=マンション」ではありません。

言い換えれば「一戸建て住宅」と「それ以外の住宅」なわけです。

それでは「それ以外の住宅」の中に分譲マンションがどれくらい含まれているのか、正確な数字は分からないのですが、ある程度の推測は可能だろうということで調べてみました。

その結果をYahoo!不動産の記事にまとめましたので、ぜひご覧ください。

Yahoo!不動産おうちマガジン
「長期優良マンションはどれくらいある?」http://magazine.realestate.yahoo.co.jp/corp_reexbrain/20150204-00000001

なお、某大手メディアで「共同住宅等」の数をすべて「マンション」として解説したものがありましたから、ご注意くださいね。


posted by 平野雅之 at 22:43| Comment(0) | 土地・家選び