2015年01月19日

確定申告手続きの解説


今年もそろそろ確定申告の季節ですね。

通常の申告は2月16日(月)〜3月16日(月)ですが、住宅ローン控除など「還付申告」の受付はすでに始まっています。

昨年中に住宅ローンを借りてマイホームの取得(購入・新築)または増改築・リフォームをした人、住宅に限らず不動産を売却した人 、住宅ローンを借りずに認定長期優良住宅や認定低炭素住宅を取得した人、親などから住宅取得のための資金を贈与された人、一定の耐震改修工事・バリアフリー改修工事・省エネ改修工事をした人などは確定申告をすることになります。

住宅ローン控除などの還付申告をしなければ自分が損をするだけの話ですが、売却をして利益があった人が確定申告をしないと罰則の対象になりかねません。

売却や贈与にかかる特例も、確定申告をしなければ適用されませんから、余分な税金が請求されることも……。

確定申告といってもなかなかその手続きが分からなかったり、難しく感じられたりするでしょうが、手順どおりにやれば(理屈が分かれば)それほど難しいものではありません。

まあ、店舗などとの併用住宅や特殊なケースに該当する場合などでは、役所の対応が悪くて「うわ〜っ」と叫びたくなるような事例もあるようですけどね。

それはともかくとして、一般的なケースでの確定申告手続きの手順や注意点などをオールアバウトの記事にまとめましたので、2014年に住宅の購入や売却などをした人はぜひ参考にしてください。

「住宅の確定申告における基本情報 2015年申告版」
http://allabout.co.jp/gm/gc/450902/

「住宅を購入したときの確定申告 2015年申告版」
http://allabout.co.jp/gm/gc/450901/

「住宅を売却したときの確定申告 2015年申告版」
http://allabout.co.jp/gm/gc/450900/

「住宅を改修したときの確定申告 2015年申告版」
http://allabout.co.jp/gm/gc/450899/


posted by 平野雅之 at 23:12| Comment(0) | 費用・税金