2015年01月14日

「省エネ住宅ポイント」のポイント


すでにご存知の方も多いと思いますが、平成26年度の補正予算に「省エネ住宅ポイント」の実施が盛り込まれました。

これは以前の「住宅エコポイント」「復興支援・住宅エコポイント」が復活するものと考えて構いませんが、その内容は少し見直されています。

これから国会の審議を経て、2月中旬頃に正式スタートとなりますが、昨年12月27日の閣議決定日以降の請負契約が対象となるなど、実質的にはすでに始まっているといえるでしょう。

前回の「復興支援・住宅エコポイント」は申請が多くて途中で前倒しして締め切られることになりましたが、今回の予算枠はそのときの半分あまりです。

だからといって慌てて住宅の購入やエコリフォームをする必要はありませんが、もともと今のタイミングで計画をしていた人は、うまく制度を使えるように検討すると良いでしょう。

もらえるポイント数(1ポイント=1円)は、省エネ住宅の新築や購入が一律で30万、エコリフォームは対象部位ごとのポイントの積み重ねで最大30万です。

ただし、エコリフォームと同時に耐震改修工事をする場合は最大で45万ポイントとなります。

その他の制度概要や注意点などをYahoo!不動産の記事にまとめましたので、ぜひご覧ください。

Yahoo!不動産おうちマガジン
「省エネ住宅ポイント制度の概要と注意点を確認しておこう」http://magazine.realestate.yahoo.co.jp/corp_reexbrain/20150114-00000001


posted by 平野雅之 at 23:08| Comment(0) | 法律・制度