2015年01月06日

2014年は不動産にとってどんな年だった?


昨日は2015年の不動産市場を予測した記事を紹介しましたが、その前に2014年の不動産市場はどうだったのでしょうか。

4月に消費税が引き上げられ、事前の予測に反して住宅の落ち込みが長引きました。

現在でもそれが解消されておらず、その影響はもうしばらく続くことでしょう。

消費税以外では相続税の課税強化が目前に迫り、その対策に追われたニーズも活発になりました。

そのほかにも不動産をめぐってさまざまな動きがあり、今後の不動産市場の変化のベースとなるものもいくつか表れたのが2014年です。

そんな2014年の出来事をざっと振り返ってHOME'S PRESSの記事にまとめていますので、不動産をめぐる動きを整理するうえでも参考にしてください。

HOME'S PRESS
「2014年の不動産市場を振り返る〜税と空き家とリノベーション〜」
http://www.homes.co.jp/cont/press/buy/buy_00275/


posted by 平野雅之 at 22:42| Comment(0) | 土地・家選び