2015年01月28日

日本における無電柱化の現状


都市の中心部の幹線道路では、地上から電柱をなくし、電線などを地中化する例も次第に増えてきました。

しかし、全体からみればほんのわずかな割合に過ぎず、とくに住宅地では無粋な電線が家の前を横切っているようなところがほとんどです。

欧米の都市に比べて、日本は無電柱化がかなり遅れているというのは以前からずっと言われ続けていることですが、近年はアジアの主要都市と比べてもだいぶ遅れが目立っているようですね。

新しく開発された分譲地で地中化されることもありますが、これからはその開発自体が減る傾向で、既存住宅地で地中化される例は限られたものになるでしょう。

さまざまな弊害が指摘されながらもなかなか減らない空中の電線や電柱ですが、その状況などについてYahoo!不動産の記事にまとめましたので、ぜひご覧ください。

Yahoo!不動産おうちマガジン
「電柱のない住宅地は増えるのか?」http://magazine.realestate.yahoo.co.jp/corp_reexbrain/20150128-00000001


posted by 平野雅之 at 23:14| Comment(0) | 土地・家選び

2015年01月26日

借地権の物件は分かりづらい?


マンションや一戸建て住宅の物件情報を見ていると、ときどき土地の権利が「借地権」と書かれたものを目にすることでしょう。

土地が自分のものになる「所有権」に対して、地主から土地を借りることになる「借地権」ですが、単に土地を借りるということだけではなく、いろいろと難しい問題もありそうです。

借地権の中には、さらに地上権と賃借権の2つがあり、契約形態の上でも普通借地権、定期借地権、さらに旧法借地権などがあります。

不動産に携わっている人ならともかく、一般の人がこれらの違いを明確に理解することは難しい、というか、そのような勉強をする機会もあまりないでしょうから、なおさら借地権をとっつきにくいものにしているかもしれませんね。

所有権の土地に比べれば価格がだいぶ安く、「土地の利用価値」に着目すればもっと普及しても良いはずの借地権ですが、市場全体から見れば依然として少ないままのようです。

「土地流動化の切り札」として導入された定期借地権制度も、なかなか普及が進まないようで……。

そんな借地権についての基本的な考え方や現状の問題点などについてHOME'S PRESSの記事にまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

HOME'S PRESS
「住宅では借地権が普及しない背景〜土地の利用価値よりも所有にこだわる人が多い?」
http://www.homes.co.jp/cont/press/buy/buy_00287/


posted by 平野雅之 at 22:22| Comment(0) | 土地・家選び

2015年01月23日

住宅ローン控除の確定申告の手引き


住宅ローンを借りて住宅の購入や建築、リフォームなどをして2014年に入居をした人は、確定申告(還付申告)をすることによって所得税の還付を受けられたり、これから支払う所得税や住民税を軽減できたりします。

その申告受付はすでに始まっているのですが、これから手続きをするという人も多いでしょう。

以前は申告書類を手書きで作成しなければならず、分かりやすい解説書もあまりなくて、確定申告はなかなかハードルの高い作業でした。

しかし、現在は国税庁のサイトの中に専用ページが設けられ、必要事項を順に入力するだけで簡単に申告書類を作ることができます。

でも、基本的な知識がないとどれを選択すれば良いのかが分かりにくかったり、知識があっても間違った箇所をクリックして「あれれっ?」となったりすることもあるでしょうね。

そこで国税庁のサイトで住宅ローン控除の申告書類を作成するときの手引きを作成しました。

毎年の恒例となったオールアバウトの記事で、いつもたいへん多くの人にアクセスしていただいていますが、今年も56枚の画像を使い、順に細かく手順を解説しています。

2014年に住宅の購入などをした人はぜひ参考にしてください。

「ネットで簡単!住宅ローン控除申告書 2015年申告版」
http://allabout.co.jp/gm/gc/451134/


posted by 平野雅之 at 23:13| Comment(0) | 費用・税金