2014年12月01日

地価の下落地区がゼロに!?


先週、金曜日に国土交通省から発表された地価LOOKレポートでは、平成19年の調査開始以来、初めて下落地区がゼロとなり、上昇地区が82.6%で、残りが横ばいとなっています。

これだけを見ると全国的に地価上昇期へ入ったようなイメージもありますが……。

しかし、地価LOOKレポートはもともと「主要都市の高度利用地」として全国の150地区を選んだものであり、価格が動きやすい側面はあるでしょうね。

3大都市圏の中心エリアはほぼ上昇傾向といえるでしょうが、その郊外部や地方圏ではまだ下落が続いているところもあります。

地価が上昇しているところもそのスピードは比較的緩やかですが、二極化はジワジワと進行しているようです。

今回の地価LOOKレポートの状況について、オールアバウトの記事にまとめましたので参考にしてください。

「地価LOOKレポートでみる住宅地地価動向 26」
http://allabout.co.jp/gm/gc/449482/


posted by 平野雅之 at 23:31| Comment(0) | 地価