2014年12月18日

田園調布の地価の変遷


東京の高級住宅地として知られる田園調布ですが、かつては東京の郊外で何もなかったこの地で宅地開発が行われ、分譲が始まったのは1923年(大正12年)8月のことなのだそうです。

当時の東京都心の地価は、たとえば日本橋なら1坪3千円くらいだったようですが、郊外の田園調布は驚くほど安い値段だったとか。

もっとも敷地面積は広めなので、総額ではそこそこの金額になりますが、ターゲットは中流サラリーマン世帯だったようです。

denenchofu.jpg


分譲開始から90年あまりが経ちましたが、高級住宅地としてのブランドができあがったのは、入居後の住民たちの努力による面が大きかったでしょう。

しかし、高級イメージが強くなったためにバブル期には地価が異常なほど高騰し、住民自身を苦しめる事態も招いてしまいました。

社会に翻弄されてきた田園調布ですが、最近では空き地も目立つようになり、優れたまちなみをどう維持していくか、これからの大きな課題でしょうね。

田園調布の分譲時の価格や当時の様子、近年の地価の動きなどをYahoo!不動産の記事にまとめましたので、ぜひご覧ください。

Yahoo!不動産おうちマガジン
「田園調布は普通のサラリーマンが買える地価だった?」http://magazine.realestate.yahoo.co.jp/corp_reexbrain/20141217-00000001


タグ:田園調布
posted by 平野雅之 at 23:10| Comment(0) | 地価

2014年12月17日

マンションに付属する公園は有効に使われている?


大規模なマンションなどでは、敷地の一角が公園、広場、緑地、散策路などに整備されていることがあります。

これらは「提供公園」または「公開空地」の場合が大半ですが、その違いはご存知でしょうか。

teikyokouen.jpg


「提供」または「公開」という言葉が使われていることから分かるとおり、どちらも近隣住民など第三者の利用を認めるものですが、その性質は大きく異なります。

維持管理は誰がやるのか、その費用は誰が負担するのか、大規模マンションを購入するときにはあらかじめしっかりと理解しておきたいものです。

もちろん、マンションの購入者ではなく近隣住民の立場でも、提供公園や公開空地がどのような性質のものなのか知っておくようにしましょう。

提供公園と公開空地の違いやそれぞれの注意点などを、オールアバウトの記事にまとめましたのでぜひご覧ください。


(不動産売買ワンポイントアドバイスシリーズ)
「マンションの提供公園、公開空地」
http://allabout.co.jp/gm/gc/450096/


posted by 平野雅之 at 22:24| Comment(0) | マンション

2014年12月13日

住宅ローンの借り換えが増えている?


最近はずっと住宅ローンの超低金利状態が続き、1%前後で借りられるケースも少なくありません。

かつては変動金利が8%台だったような時期もありますが、それはさすがに高すぎるとしても、住宅金融公庫の金利が4%台になったときですら「低金利状態」と言われていたのです。

それがさらに下がり、2%ほどになったときは「もうこれ以上下がることはない」と言われたのですが、結果的にもっと下がっているのはご存知のとおりです。

過去に住宅ローンを借りた人から見れば夢のような低金利ですから、それを借り換えようとする人が多いのは当然でしょうね。

karikae.gif


住宅ローンの借り換えをする人は年々増えているようですが、すでに超低金利となっている2〜3年前に借りた人も、少なからず借り換えに動いているようです。

かつて言われていた借り換えの3要件も、最近の住宅ローン商品の多様化によって変わってきているのでしょう。

住宅ローン借り換えの市場動向や注意点、検討の際のポイントなどについてHOME'S PRESSの記事にまとめましたので、ぜひご覧ください。

HOME'S PRESS
「住宅ローンの借換えで数百万円のトクになる? 借換えの傾向と対策」
http://www.homes.co.jp/cont/press/buy/buy_00268/


posted by 平野雅之 at 23:11| Comment(0) | 費用・税金