2014年11月20日

不動産のツボ


土地や建物の面積を表すときに「坪」を使う人は多いようです。

尺貫法が廃止されてから50年ほどが経ち、取引や証明での使用は禁止されているのにも関わらず、不動産や建築で「坪」は一般的だし、「間(けん)」や「尺(しゃく)」もまだ使われています。

建築面積を表すときに「建坪」という人も多いでしょうし、不動産以外ではお酒の「合」や「升」、お米の「合」なんかも使用頻度が高いでしょう。

禁止されたからかえって使いたくなる、というわけでもないでしょうが……。

いずれ使われなくなる時代もやってくるでしょうが、不動産の取引をするときには「坪」「間」「尺」からメートル法へ換算するときの数値と、それぞれの関係を知っておくと便利な場合があります。

これらの基本的な部分をYahoo!不動産の記事にまとめましたのでぜひご覧ください。

Yahoo!不動産おうちマガジン
「知っておきたい不動産の尺貫法」http://magazine.realestate.yahoo.co.jp/corp_reexbrain/20141120-00000001


タグ: 尺貫法
posted by 平野雅之 at 22:54| Comment(0) | 土地・家選び