2014年10月30日

盛土と切土の基礎知識


今年の大雨では広島での大きな被害が記憶に新しいでしょうが、それ以外にも毎年、各地で多くの被害が出ています。

とくに盛土による造成地では、大雨だけでなく地震で崩れることもあり、十分な注意が必要です。

また、大規模な谷埋め盛土地も大きな被害が懸念されます。

もともとは傾斜地だった場所を造成すれば、盛土部分と切土部分が生じるわけですが、宅地としてできあがってしまうと、どこが盛土なのか、どこが切土なのか分からない場合も多いでしょう。

そのため、購入前にしっかりと確認をすることが欠かせないわけですが、古い造成地だと資料が揃わないこともあります。

盛土と切土がどのようにできるのかの図解を交え、購入前の注意点などをオールアバウトの記事にまとめましたのでぜひご覧ください。


(不動産売買ワンポイントアドバイスシリーズ)
「盛土と切土」
http://allabout.co.jp/gm/gc/448357/


タグ:盛土 切土
posted by 平野雅之 at 22:35| Comment(0) | 土地・家選び