2014年10月14日

マンションの避難階段は非常時に使えないことがある?


マンションで火災が起こったとき、あるいは大地震の揺れでエレベーターが止まったとき、避難階段はたいへん重要な役割を果たします。

しかし、普段はあまり使われないために邪魔な荷物が置かれていたり、防火扉の作動が不十分で階段を使えなかったりするケースもあるようです。

kaidan.jpg


さらに避難者が殺到してパニックが起きる懸念や、住民同士のルールが徹底していないと病人や高齢者の避難に支障を来す恐れもあるでしょう。

そして忘れがちなのが階段の強度です。

とくに古いマンションの屋外階段では、地震に対する強度が十分でないケースもあり、阪神大震災のときなどでも屋外階段が建物から外れて倒壊したり、階段が崩れ落ちたりした事例が報告されています。

大地震の揺れが収まって外階段で避難をしようとしたら、階段ごと転落してしまったなんて事故は絶対に避けなければなりませんね。

マンションにおける避難階段の位置づけや注意点などについて、オールアバウトの記事にまとめましたのでぜひご覧ください。


(不動産売買ワンポイントアドバイスシリーズ)
「マンションの避難階段」
http://allabout.co.jp/gm/gc/447899/


posted by 平野雅之 at 22:42| Comment(0) | マンション