2014年09月26日

東京の地価の伸びがトップに


先週9月18日に発表された基準地価(7月1日時点)では、全国平均で住宅地が22年連続の下落、商業地が7年連続の下落となりましたが、3大都市圏にかぎれば上昇傾向が次第に強まりつつあるようです。

とくに東京23区、東京多摩地域の市、横浜市、川崎市は区も含めてすべてが上昇したほか、昨年は名古屋や大阪よりも上げ幅が小さかった東京が、今年は全国一の伸びを示しました。

住宅市場はやや足踏みをしている感もありますが、投資需要は活発で、引き続き外資なども流れ込んできています。

リーマン・ショック前の地価上昇期に比べれば上げ幅は小さく、まだ地価急騰といった状況は表れていませんが、五輪を控えてこれからしばらくは東京の地価の伸びが続くことでしょう。

「2020年」の後に下落期を迎えるのかどうか、いろいろと論じられている部分もあるようですが……。

今年の基準地価について、その傾向などをオールアバウトの記事にまとめましたので参考にしてください。

「2014年基準地価は3大都市圏で2年連続の上昇」
http://allabout.co.jp/gm/gc/447225/


posted by 平野雅之 at 22:29| Comment(0) | 地価