2014年09月21日

人口減少問題はこれからずっと続く課題


今年5月の連休明けに発表された、あるレポートが世間を騒がせました。

「2040年に豊島区が消滅する」というもので、覚えている人も多いでしょう。

でも、レポートを読んでみれば分かるとおり、「2040年に消滅」などという話ではなく、若い女性の数が減って「このままでは人口の回復ができなくなる」というラインを2040年までに超えてしまう自治体が多いという内容です。

そのような都市を「消滅可能性都市」と表現し、対象となった全国の896市区町村の中に東京23区では唯一、豊島区が含まれたということでした。

しかし、見出しに「2040年に消滅」みたいな書き方をしたマスコミ記事なども多かったですね。

豊島区でも早速、区長を本部長として5月中に「消滅可能性都市緊急対策本部」を設置したようですが……。

それはともかくとして、本当の意味での「消滅」の危機に直面する自治体も多く、対策が急がれます。

そしてこれは一過性の問題ではなく、これからずっと取り組み続けなければならない課題でしょう。

「日本創成会議」が発表した資料の意味や、自治体における住民の誘致策などについてHOME'S PRESSの記事にまとめましたので、ぜひご覧ください。

HOME'S PRESS
「豊島区は消滅しない! だが存続危機に直面する自治体は多く、対策が急がれる」
http://www.homes.co.jp/cont/press/buy/buy_00223/


posted by 平野雅之 at 23:02| Comment(0) | 市場動向