2014年09月03日

相続対策は慎重に!


来年1月1日に相続税法が大きく変わり、かなりの増税となります。

東京などではおよそ4分の1が課税対象になるとの試算もあり、ごく一般的な世帯でも課税されることがあるでしょう。

そのため相続対策ビジネスが盛んになり、その広告なども多く見かけるようになっています。

税金対策として、賃貸マンションやアパートを建てる人も多いようですが……。

しかし、急いで相続対策をしようとすれば思わぬ失敗をすることもあるでしょう。

相続自体がいつ起きるか分からないというリスクはあるものの、ほとんどの世帯では慌てて対策をするようなものではなく、まして「ブーム」に押されて手を付けるようなものではありません。

相続税の対象とならない世帯でも、いずれはやっておかなければならないことがありますから、さまざまなケースをじっくりと検討して、それぞれの家族にとって最適な答えを見つけ出していきたいものです。

相続税にも影響を与える路線価の傾向と合わせ、相続対策の基本的な考え方をHOME'S PRESSの記事にまとめましたので、ぜひご覧ください。

HOME'S PRESS
「路線価上昇で相続税対策が注目されているが、最適な方法はそれぞれの家族で異なる」
http://www.homes.co.jp/cont/press/buy/buy_00212/



posted by 平野雅之 at 23:16| Comment(0) | 法律・制度