2014年09月26日

東京の地価の伸びがトップに


先週9月18日に発表された基準地価(7月1日時点)では、全国平均で住宅地が22年連続の下落、商業地が7年連続の下落となりましたが、3大都市圏にかぎれば上昇傾向が次第に強まりつつあるようです。

とくに東京23区、東京多摩地域の市、横浜市、川崎市は区も含めてすべてが上昇したほか、昨年は名古屋や大阪よりも上げ幅が小さかった東京が、今年は全国一の伸びを示しました。

住宅市場はやや足踏みをしている感もありますが、投資需要は活発で、引き続き外資なども流れ込んできています。

リーマン・ショック前の地価上昇期に比べれば上げ幅は小さく、まだ地価急騰といった状況は表れていませんが、五輪を控えてこれからしばらくは東京の地価の伸びが続くことでしょう。

「2020年」の後に下落期を迎えるのかどうか、いろいろと論じられている部分もあるようですが……。

今年の基準地価について、その傾向などをオールアバウトの記事にまとめましたので参考にしてください。

「2014年基準地価は3大都市圏で2年連続の上昇」
http://allabout.co.jp/gm/gc/447225/


posted by 平野雅之 at 22:29| Comment(0) | 地価

2014年09月25日

マイホームを購入するときは親の家の相続を考えることも必要!?


昨日スタートしたYahoo!不動産「おうちマガジン」ですが、引き続いて記事を投稿しています。

ほぼ3か月後、来年1月1日に迫った相続税の大改正で何が変わるのか……。

実際に相続が起きるのはまだ何十年も先かもしれず、ほとんど興味がないという人が多いかもしれません。

それまでには更なる改正が行われる可能性もあるでしょう。

しかし、再改正、再々改正があったとしても課税強化の傾向は変わらないでしょうね。

今回の改正を覚える必要はないかもしれませんが、どのような方向性になっているのかはよく知っておくべきでしょう。

さらに気をつけたいのは、自分たちがマイホームを購入することによって、親の家を相続するときに多額の課税が発生する可能性があることです。

これまではあまり気にしなくても、非課税になるケースのほうが多かったのですが、これからは都市部に親の持ち家があるときはこれを十分に考慮しなければなりません。

「購入か、賃貸か」なんていう、よくある比較話よりも、考えておかなければならないのは親の家のことなのです。

そのあたりの事情を簡単にまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

【Yahoo!不動産】おうちマガジン
「相続税法大改正! いったい何が変わるのか?」
http://magazine.realestate.yahoo.co.jp/corp_reexbrain/20140924-00000002



posted by 平野雅之 at 22:40| Comment(0) | 費用・税金

2014年09月24日

来年度の住宅税制はどうなる?


Yahoo!不動産のサイトに新しい媒体として「おうちマガジン」が本日、正式にリリースされました。

【Yahoo!不動産】おうちマガジン
http://magazine.realestate.yahoo.co.jp/

不動産にまつわるさまざまな情報を分かりやすく(簡潔に)お伝えしていくものですが、私も記事を担当することになりました。

まずは2015年度の住宅税制について。

まだ国土交通省から税制改正要望が出された段階で、これから先の協議や折衝でどう変わるか分かりませんが、ある一定の人については今年ではなく来年に住宅を買ったほうが有利になるケースがありそうです。

とりあえず現時点での情報をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてください。

【Yahoo!不動産】おうちマガジン
「2015年度住宅税制改正さきどりチェック」
http://magazine.realestate.yahoo.co.jp/corp_reexbrain/20140924-00000001



posted by 平野雅之 at 22:36| Comment(0) | 費用・税金