2014年07月18日

道路幅員のチェックを忘れずに!


土地や一戸建て住宅を購入するときには、敷地が接する前面道路の幅を確認することがたいへん重要です。

4m以下ならセットバックが必要ですし、4m以上あっても12m未満なら容積率に影響を及ぼすこともあるのです。

新築一戸建てのときにはあまり問題になることはないのですが、土地や中古一戸建ての物件調査のときには道路の詳細な確認が欠かせません。

ところが、不動産業者の作成した重要事項説明書を見たりすると、たまにとても雑な内容しか記載されていないこともあります。

幅が4m以上なら「セットバックはないからいいや」とばかりに、重要事項説明書の中には「幅4m以上の道路に間口6m接道」としか書かれていないような例です。

仮に幅が4m以上の公道で、容積率にも影響がないものだとしても、たとえば役所による認定幅員が5.2mで現況の幅員が5.0mしかなければ敷地後退を求められるようなこともあるのです。

場合によっては、役所で調べて、現地で調べて、また役所に戻って確認したり協議したりして……という作業が必要なくらい、道路に関することはけっこう面倒なものです。

万一の場合の業者の手抜きを見抜くためにも、道路幅員の測り方などについてある程度の基本的な内容は知っておくようにしましょう。


道路幅員の調べ方やその注意点などについて、オールアバウトの記事にまとめましたのでぜひご覧ください。


(不動産売買ワンポイントアドバイスシリーズ)
「道路幅員の調べ方と注意点」
http://allabout.co.jp/gm/gc/444911/



posted by 平野雅之 at 22:54| Comment(0) | 土地・家選び