2014年06月19日

中古住宅評価のこれから


中古住宅ではこれまで建物が正当に評価されず、古くなれば建物の状態に関わりなく「ゼロ」ということが一般的になっていました。

要するに「土地値」による取引で、「古家付」として売られるわけです。

しかし、それだと売却をしたときにそれまでの住宅投資がすべてムダになり、家計資産の大きな損失になります。

土地の価格が右肩上がりで上昇していた時代はそれで良かったのかもしれませんが、現代では見過ごすことのできない事態でしょう。

また、住宅の建物や設備が劣化していても、数年のうちに売るつもりであれば、積極的に修繕することができません。

修繕やリフォームにかかった費用のぶんだけ高く売れるわけではないのです。


そのような状況を改善するため、昨年から「中古住宅に係る建物評価手法の改善のあり方検討委員会」が開かれ、今年3月に「中古戸建て住宅に係る建物評価の改善に向けた指針」がとりまとめられました。

個々の建物状態をしっかりと調べたうえで、きちんと値付けをして中古住宅の市場価値を高めていこうとするものです。

ところが、買主側からみれば購入価格が上昇する側面があるため、「どうしてそうなるのか」を売るほうも買うほうもしっかりと理解しなければなりません。

これが浸透、普及していくのは前途多難だと思いますが、いずれにしても中古住宅市場における建物評価の手法が大きく変わろうとしています。

これから10年と経たないうちに、中古住宅流通市場のあり方が大きく様変わりすることもあるでしょう。


「中古戸建て住宅に係る建物評価の改善に向けた指針」の考え方や方向性などについて、HOME'S PRESSで解説をしましたのでぜひご覧ください。

HOME'S PRESS
「中古戸建て住宅に係る建物評価の改善に向けた指針」で、これからどう変わるのか
http://www.homes.co.jp/cont/press/buy/buy_00166/


posted by 平野雅之 at 23:12| Comment(0) | 法律・制度