2014年05月21日

新築のワンルームは供給されない?


ワンルームマンションと聞いてどのような部屋をイメージするでしょうか。

6畳程度の部屋の片隅に小さなキッチンが付いていて、狭い玄関の脇にバス・トイレ・洗面が一体になった「3点ユニット」というのが一般的かもしれません。

部屋の広さは20平米あれば良いほうで、以前に建てられたワンルームマンションでは7平米〜9平米程度の「極狭部屋」といった感じのものもあります。

これらを購入して自分で住むという人は少なく、たいていは投資用で購入するか、賃貸で借りるか、という話になるかと思いますが……。

このワンルームマンションに関して、近年は自治体による建築規制が厳しくなっています。

東京23区ではすべての区に何らかの規制がありますし、他の主要自治体でも規制をしている例が多いでしょう。

23区の大半は25平米以下のワンルームマンションを制限していますから、間取りもワンルームではなく、キッチン部分を扉で仕切った1Kタイプ、あるいは少し広ければ1DKタイプのものが増えています。

つまり「新築のワンルーム」という物件自体が減ってきているわけですが、そのぶん都心部では若い人や単身の高齢者が部屋を借りにくくなっている状況もあるでしょう。

マンション投資をする場合にも、新築の広めの部屋は利回りがいまいちのことがあり、「中古ワンルーム」にターゲットを絞るケースも多いようです。


そのようなワンルームマンションの現状について、主に建築規制の視点からHOME'S PRESSで解説をしましたのでぜひご覧ください。

HOME'S PRESS
「ワンルームマンションはこれから減っていくのか、建築規制と市場の動きを考える」
http://www.homes.co.jp/cont/press/rent/rent_00082/



posted by 平野雅之 at 23:22| Comment(0) | マンション