2014年05月13日

電力の完全自由化でどうなる?


2年後に電力が完全自由化されることはご存知でしょうか。

まだ正式決定ではありませんが、ほぼそうなる前提で国会の審議が進んでいます。

完全自由化といってもあまりピンとこないかもしれませんが、要するに既存の電力会社の枠にとらわれず、「電気をどこから買うのも自由になる」ということです。

それと同時に売電することも自由になりますから、あなたが売電事業者になれる可能性もあるのです。

もちろん、それなりに設備投資をするお金があればの話ですが……。

しかし、完全自由化されたからといって、どれほどの人が契約先を変えるかどうかは分かりません。

おそらく自由化後、十数年かけて徐々に新電力のシェアが増えていく、といった感じでしょうね。

いずれにしても電力自由化のあらましは知っておきたいものです。

その見通しや課題などについてHOME'S PRESSにまとめましたので、ぜひご覧ください。


HOME'S PRESS
「2016年の電力完全自由化で、家庭の電気料金は下がるのだろうか?」
http://www.homes.co.jp/cont/press/buy/buy_00143/



posted by 平野雅之 at 22:44| Comment(0) | 法律・制度