2014年05月09日

半分の自治体が消滅!?


民間の「日本創生会議」が発表した人口推計がいろいろと物議をかもしているようですね。

新聞報道やネットのニュースでご覧になった人も多いと思いますが、全国約1800の市区町村のうち、ほぼ半分の896市区町村で「2040年に消滅の危機」、そのうち523市区町村は人口が1万人割れをするのだそうですが……。

「消滅の危機」の中に豊島区が含まれたことで、「豊島区民らが激怒」というニュースもありました。

しかし、推計は決して「2040年に消滅する」という話ではなく、2040年における20〜39歳の女性の割合が5割以上減り、出生率が高まっても「人口の増加が見込めない」レベルになるということのようです。

要するに「そのまま放っておけば将来的に消滅するラインに突入する」という話だと思いますが、豊島区はもともとの人口が多く、定住対策によって流れを変えるだけのチカラを持った自治体のはずです。

すでにさまざまな対策が功を奏して、街の人気ランキングなどでも豊島区がだいぶ上昇しているようです。

問題なのはもともとの人口規模が小さく、何をやっても人口減少の流れを止めることのできない地方都市や町村部でしょう。

2040年ということはないにしても、2100年を迎える前には本当に「消滅」する自治体がいくつか出てくるかもしれません。

消滅しないまでも、かなりの過疎化が進むところは多いでしょうね。

同じ市町村の中でも、地区によって大きな違いが出てくるだろうと思います。

住宅を選ぶ際にも、将来のことをしっかりと考えてみたいものです。



posted by 平野雅之 at 23:15| Comment(0) | 市場動向