2014年03月24日

今年の公示地価のまとめ


予定よりもだいぶ遅くなってしまいましたが、先週、国土交通省から発表された公示地価のまとめ記事をオールアバウトにアップしました。

「2014年公示地価は3大都市圏の過半数が上昇」
http://allabout.co.jp/gm/gc/440975/

3大都市圏では住宅地、商業地とも6年ぶりの上昇となりましたが、そのうち東京圏では住宅地が56.4%、商業地が75.5%の地点で上昇しているのに対し、大阪圏は住宅地の上昇が28.0%、商業地の上昇が50.3%にとどまり、だいぶ温度差が感じられます。

東日本大震災後は東京圏の地価が停滞し、西高東低の様相がしばらく続いたのですが、この1年あまりでだいぶそれも変わってきたようです。

いずれにしても、地価の上昇がこれからの住宅価格に影響を及ぼすことは間違いないでしょう。

地価上昇、住宅価格の上昇、消費税率のアップなどが重なり、新築住宅が苦戦する局面が表れてくることも考えられます。

これまで新築中心に動いてきた住宅市場ですが、これから数年のうちに大きな転機を迎えるかもしれませんね。



タグ:公示地価
posted by 平野雅之 at 23:44| Comment(0) | 地価